Waveリング

Webshopにアップしたこのリング…の、ちょっとした裏話を。

実は、デザインの原型は、2年程前に考えたものでした。

センターストーンとサイドストーンをどう並べてデザインするか…何通りも描いたデザインの一つで、この度、展示会用にデザインを起こし直し、形になったものです。

なので名称が無く、出来上がってから、どうしよう…と悩みました(^^ゞ

結局、自分の好みで選んだモルガナイトを使用したので、ずっと「モルガナイトのリング」で通していたのですが…。

眺めているうちにセンターストーンを巻き込む細いラインが波の様に見えてきたので、とりあえず「Waveリング」と名付けました。

モルガナイト以外の石を試しにのせてみると…。

スペサルティンガーネットでは、キツい印象に。

このマンダリンカラーの石を選んでいたら、「異邦人(不条理)」とか…別の名称がついていたかもしれません(^^ゞ

…とは言え、名称はあくまで、他のリングと区別する為で良いのかな?と思います。


一つ一つの作品に名前がついているのも良いのですが…。

知り合いの猫写真家さんは「(自身の写真の)タイトルは、見た人が、見て感じたままをつけて下さるのが良いんです。」とタイトルをつけないそうで…その話を聞いたとき、タイトルをつけることで、固定概念をつけてしまうんだという事に気付きました!!

(実は「Waveリング」と名付けた時、一瞬、石をアクアマリンにした方が良かったかも?と思いました(^^ゞ。)

けれども、自由な発想で作るオリジナル作品を「これ好き」「〇〇っぽい」って、手に取って貰えることこそ、作家としての喜びなんですよね~(^^)b。

これからも、固定概念に縛られないように作品作りをしたいと思います。

Finedays Accessory

晴れた日のここち良さのように... 毎日愛でたくなるアクセサリー